エクステリアデザインの寿命・・・・ガーデンファクトリーが思うこと | ガーデンファクトリー

まずは話だけ聞いてみたい方へ無料相談会ご予約 tel.026-214-6257 平日9:30~18:00

エクステリアデザインの寿命・・・・ガーデンファクトリーが思うこと

こんにちは、長野市で庭とエクステリアをトータルでプランニングしているガーデンファクトリーです。

ガーデンファクトリーではやはり「年々深まる風合い」というテーマを創業以来掲げ、これまで庭や外構づくりを行って来ました。

 

さてこれから外構や庭づくりをお考えの方はたぶん・・・「こんなエクステリアやあんなかっこいいエントランスのデザインがいい、」なんて新しい分譲地なんかを回ってみたり雑誌を見たりでいろいろご検討されてるかと思います。

また、流行のスタイリッシュでピカピカしたデザインで我が家をかっこよくしたい!  なんてことを思って、展示場を構えているエクステリア屋さんを回っている方も多いかもしれません。

でもよ~く考えてみてください、「今流行のエクステリアデザイン」は「20年後にはあの頃のデザイン」になるものです。

そのため分譲地を車で通りながらいろいろな外構が施されたその町並みを見れば、大体10年前くらいの分譲地かなあ、とか30年は経っている住宅地かな?・・・なんてわかります。

当然エクステリアメーカーに限らず大手ハウスメーカーの家などもどんどん新しいかっこいいモデルの家を出して行くので、ちょっと住み慣れた家はもう「あの頃の家」みたいになります。

そのため日本ではなんかもそうですが、どんどん新しいデザインの新型車を出してはどんどん過去のデザインをすぐに陳腐化させて新しい需要に結びつけるようなことを未だにやっているところです。

だから自分も同じ車が長いスパンでモデルチェンジされ、それでもその車のオリジナリティがきちんと継承されて行く外車にずっと乗っているわけですし、また家ももう二十年以上経ちますが、今でもアメリカでうちと同じ家がふつうに建ってますので、これも家を建てるときにオリジナルデザインの純和風か純洋風のどちらかの家にして、流行に左右されない家に住みたいと思ったからなのですね(笑)

 

そんなわけでこれから何十年住む家のエクステリアさえも、そんな「今メーカーカタログに載っているデザイン商材ばかりを使っていれば」・・・家も含めて年々逆に何かより時代遅れな印象を感じてしまうかもしれませんし、そんな視点からすれば10年後に近所に建った家と外構の方が間違いなく「今風でかっこいい」からです。

反面、いわゆる植物等の自然には流行はありませんし、本来和風庭園や外国のランドスケープの手法による外構デザインは、元からある自然を取り込んだオリジナルのデザインでしっかりとしたベースがありますのですぐに不自然に感じてしまう流行はありません。

というか日本のエクステリアデザインのようにあまりデザイナーの思いつきで変えるものではないからです(笑)

そのためガーデンファクトリーでは基本エクステリアメーカー製品を多用せず、「自然材」も多く取り入れ、自作したものも取り入れ庭や外構を作っていることも、それ自体外国では同じくずっと行われているデザインをベースに製作していますので、緑の成長とともに案外時間の経過に違和感を感じさせない<非流行商品>なのですね。

まただからこそ「年々深まる風合い」が出せるのかもしれません。

家を新築された方にはやはり30年後もしっくり来る住空間をぜひ作っていただきたいと思いますし、いずれ自分のようにそんなジジィになる時もくるのですから、その頃になっても家とともにしっくり来る外構づくりを深く考えてほしいと思うのです。

 

緑を取り込めばずっと流行に左右されず楽しめます

 

・・・・・・・・

ほかの施工例はこちらからどうぞ!
緑の比率が高く緑に包まれるガーデン&エクステリアをぜひご覧ください。

TEL.026-214-6257

営業時間:午前9時30分~午後6時まで

エクステリアや庭づくりで情報収集したい方にはとことんご説明しています。事前の情報収集が本当に大切なのです。

ブログ新着記事

↑ PAGE TOP