草ってそんな気になりますか・・・・?

また草が生えてくる季節になりました。

この頃の新しい家は特に<防草>ばかりにポイントを当てたエクステリア作り(というかコンクリートをひたすら打ちまくる・・・・)が多い感じですが・・・・半面やっぱり<殺風景>ですし、固められた庭やカラーの砂利を敷き詰められた窓の外の風景を見ながらの生活は・・単純に人間の精神や生理には合わないかと思うのですね、

自分も暑い夏場の草取りは確かに苦痛ですが、一応一通りの草対策は分かっていても自宅にはそんなコンクリートや防草シートに砂利などの防草対策はしていませんし、レンガの目地から生えてくる小さな草もなんだかかわいく思えてしまうため、そのままにしています。

(目地の草もそうですが、いつのまにかこぼれ種でロシアンセージが毎年生えてきます・・)

そんなわけで新築の場合、まだそれほど住んでいない家において、敷地が100坪を超えるような家を除けば・・・それほど大して負担ではない<草取り>のことばかりを心配して、せっかくの質の高い緑豊かな生活を捨て、これからずっとコンクリートなどで固められた空間で生活して行くことの方が・・・・人生もったいない気もしています。

まあ草はとにかくコンクリートやアスファルトのちょっとした隙間やちょっとでも砂ぼこちがたまるような場所にも生えますから、これを無くそうと本気で考えれば・・・・<地球の植物全体が淘汰されてしまう>かもしれません(笑)

いずれにしろ除草剤などが与える地球の生態系への影響もあまり報じられませんが、自然や動物、人間にとっては大きな痛手であることも理解いただければと思います。

ちなみに上の画像の枕木の仕切り沿いの植物は・・・・雑草です(笑)

草だけに執着して人間本来の生活を放棄しないでほしいのが、自分のガーデンエクステリア事業でのお願いです。

 

関連記事

新着記事 おすすめ記事
  1. 2017.11.13

    秋の庭の風景

施工事例

PAGE TOP