同じ工事でも喜べるかどうかは結局お客様次第・・・?

(プランを作るにも大変な労力と集中力がいるのです&人的経費も掛るのです)

 

今日はちょっと「喜べるための注意」を書きたいかと思います。

ということで以前こんなお客様がおりました。

そもそも当社にお声がけいただいた経緯が、日常生活の中で何かといろいろな家を見ては「あの家の庭や外構はほんといいなあ」と思っていたところ、その見かけていいなと思った数件ともが当社のサイトに掲載されていたため、迷わずお声がけいただいた次第です。

その後は打ち合わせや実施プラン作成までの間、予算が増えたり減ったり、打ち合わせ回数もちょっと通常のお客様ではあまりない多数回となり最終的にはご契約をいただきましたが、その時のご夫婦の印象が・・・「家を建てて一番楽しい時期なのになんでこんな暗い人たちなのだろう・・」というのが素直な印象でした(笑)

そしていよいよ工事が始まったら・・・・・どうやら急にご夫婦で「アラ探し」や「プランから逸脱するご依頼」などが始まり、これまで数百件の工事の中で「初めて言われたようなご指摘」なども受けましたが、あくまでお客様に追加のご負担を掛けぬ様、決定プランに忠実にきちんとした品質と予算内で作り終えることが一番の目的です。

またお伺いしている当社の職人もお客様が「いいな」と思ったその庭や外構工事にお伺いした者でしたが、それでも粗探しや無茶なご要望が延々と続きます(笑)

そして工程的にはまだ先になる工事も「これはなんでやってないのですか!」「こっちはどうなってるんですか?」とかお客様の予算的に見積りから外したものも「やるって言ってました!」みたいな感じでしたから(言ってません 笑)・・・こちらにはなんの連絡も無く職人にムリヤリ見積りに無い部分まで現場でやらせようとするところは、もうお客様の資質に欠けているとしか思えません。

つまりこういうお客様の場合、実施プランの打ち合わせも通常のお客様より延々と時間が掛りますし、工事が始まるとあれだけ打ち合わせしたプランにも関わらず・・・「これはもっとこうならないのか?」とか「こうして欲しい」とか「なんかイメージと違う」とか「言った言わない」レベルの話になりますので、こちらとしてはあくまでプラン内容でその予算と内容に準じて今回の工事は進めますし、現場でまたプランが大きく変わるようなことも当社の場合はお受けできません。

そんなわけでそれでも小修正でできる部分はご要望に沿うよう工事をしてあげたのですが、この点追加費用の増加を申し出ると・・・「なんでもサービス」だと思われていたりするわけですね。

そのため本来工事がお客様の予算内できちんと進み、プランどおりのものをしっかりと作るための<時間をかけた打ち合わせや図面・パースの修正>がこの段階ではすべてムダになりますし、実際違うことを手間隙かけて資材も仕入れてやりますので、当然お金もかかります。  職人もボランティアでうちに来ているわけではありませんので・・・

つまりもうこれは「同じ人間がプランして同じ人間が作ったものをいいなと思いご依頼され、当然同じレベルで工事が出来上がっても」・・・結局「自分達でマイナス探しに翻弄されてせっかくの大金をはたいてやった素晴らしい工事も・・・・自分達でケチをつけてすべてを台無しにしてしまう」ようなものなのですね。

こういう方は工事に関わらず日々の生活すべてにおいて<マイナス面ばかりを探す思考のクセ>が身に染み付いてますので、結果つまらない不平不満だらけの人生になってしまうところです。

そのためあくまでこちらでは「何度も打ち合わせをしてご契約いただいたプラン」を尊重し、これを間違いのない形で今回はしっかりと作り、あとはお客様のお気持ちにお任せする形で考えている次第です。

またあくまでこちらから無理な営業をして決めた工事ではありませんから(笑)お客様が当社を探して選び、プランや実際出来ている庭や外構を気に入ってご契約いただいた結果ですので・・・・・これはすべてご自分達が決定しての今ですから、もうこちらではいたし方無いところです。

まあ実際にはほとんどの方に喜んでいただき、中にはまた追加の工事などもいただいたりするお陰で会社も10年以上続いておりますから、やっぱり「日々のものの考え方や価値観」などもほんと人生を楽しむ上で大切であるなあと思う次第です。

 

関連記事

新着記事 おすすめ記事
  1. 2017.11.13

    秋の庭の風景

施工事例

PAGE TOP