人間と植物はセットで生きてきたのです・・・・

う~ん・・・・やっぱりここ数年コンクリートやカラーコンクリートで敷地内をダダ固めしている分譲地の住宅が長野市でも多くなりましたねえ・・・・

でもこれきっといつか・・・気持ち悪くなります(笑)

まあ業者としてはこういうコンクリートで固める工事は正直楽チンでありがたいのですが、やはり<身近に自然を感じていないと>だんだん何か本来の人間の感覚も狂って行くんじゃないかと思います。

そんなわけで長野市内もほんと緑が少ないですが、やはり自分の家くらいはちょっと後世の人のためにも植物を入れてほしいと思います。

世のトレンドが逆なのも十分理解をしていますが、やはり今後のこともちょっとだけ考えてなんとか可能な範囲だけでも緑を植え込んでいただきたいかと思います。

どんな微力でも自然を増やす側か淘汰する側かで大きく何かが違って行くような気がしますしね・・・・

☆施工から7~8年でしっかり自然に包まれちゃいました・・

関連記事

新着記事 おすすめ記事
  1. 2017.11.13

    秋の庭の風景

施工事例

PAGE TOP